短冊の小径

057 松岡青羅

蒔つけし~

お買い上げ頂きました

蒔つけし夜より鶴なく園の麦

松岡青羅 まつおか せいら

1740年(元文5)~1791年(寛政3)

俳人。東京生まれ。姫路藩酒井家の藩士だったが、後に俳人になる。加古川の大庄屋中谷慶太郎に、栗本庵を与えられる。俳諧師として活躍し、そこから多くの俳人を生んだ。句集に「青羅発句集」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊