短冊の小径

059 松江重頼

塩かまや~

御買い上げいただきました

塩かまやいつくはあれと清所の花

松江重頼 まつえ しげより

1602 年(慶長7)~ 1680年(延宝8)

江戸初期の俳人。京都の人。通称は治右衛門。別号は維舟、江翁。元々は商人であったが、松永貞徳の門に入る。俳諧に興味を持ち、野々口立圃と共に俳諧選集「犬子集」を出版。他に「毛吹草」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊