短冊の小径

061 犬井貞恕

つかりては~

12000円

つかりては風もぬる々や川柳

犬井貞恕 いぬい ていじょ

1620年(元和6)~1702年(元禄15)

江戸前期の俳人。福井生まれ。名は重次、号は一嚢軒、通称次(二・治)郎兵衛。安原貞室の門人。貞徳翁の跡を嗣ぐ。編著に「新玉海集」「謡曲拾葉抄」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊