短冊の小径

068 小西似春

春秋の~

15000円

春秋の中垣なれや雪の竹

小西似春 こにしじしゅん

1688年~1704年(元禄15)

江戸前期の俳人。通称は平左衛門。俳号は初め似春、晩年に自準と改める。別号は泗水軒。京都より江戸に移り住み、晩年は神職に就く。俳諧を北村季吟、西山宗因に学ぶ。松尾芭蕉とも交わり活躍した。『室咲百韻』、『芝肴』を編集。

コンディションなど

紙本
折れ、破れ有り

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊