短冊の小径

071 広瀬惟然

重い荷を~

65000円

重い荷を馬は黙つて曳て来る

広瀬惟然 ひろせ いぜん(いねん)

? ~1711年 (正徳 元)

江戸前期の俳人、芭蕉門下十哲の一人。関(岐阜)の造り酒屋の三男に生まれる。名古屋の裕福な商家の養子となる。ある日、妻子を捨てて家を出、再び関に戻り仏門に入り、「弁慶庵」を結ぶ。松尾芭蕉が岐阜を訪れた際、門下となる。芭蕉の信頼も厚かった。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊