短冊の小径

075 深川湖十

ふたつまて~

8000円

ふたつまて~

ふたつまて蝉の鳴夜や星の照

深川湖十 ふかがわ こじゅう

初代(1677-1738)~六代(1772-1833)

初代深川湖十は榎本其角門下の俳人。号は木者庵、老鼠肝、其角堂。其角座を主宰する。以来湖十の名は継がれ、江戸座の主流であった其角座の中心となり活躍する。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊