短冊の小径

077 高野百里

うの花や~

10,000円

うの花や~

うの花や日光迄は坂つつき

高野百里 こうの ひゃくり

1666(寛文6)年-1727(享保12)年

江戸の俳人。名を勝春、字は文館、通称は市兵衛、別号に雷堂。松尾芭蕉、服部嵐雪に師事する。服部嵐雪直系門人で、江戸川柳点者の祖。「銭竜賦」を編集し、「風の上」(嵐雪の追悼集)を刊行した。

コンディションなど

紙本
小ヤブレ有り

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊