短冊の小径

081 夏目成美

粽ほとく~

お買い上げいただきました

粽ほとく~

粽ほとくそれにつけても草の宿

夏目成美 なつめ せいび

1749(寛延2)年-1816(文化13)年

江戸俳壇の中心的人物。包嘉、通称井筒屋八郎右衛門、字は万齢、号は修業庵・随斎・卍齢坊・四山道人など。浅草蔵前の札差。高井几董、建部巣兆などと交流し、特定の流派に属さなかった。小林一茶の庇護者。編著「随斎諧話」「成美家集」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊