短冊の小径

089 建部巣兆

日の小春~

お買い上げいただきました

日の小春~

日の小春串海鼡のはしる影なし

建部巣兆 たけべ そうちょう

1761(宝暦11)年~1814(文化11)年

東京、千住の文人。書画、俳画に優れた作品を数多く残す、化政期を代表する俳諧宗匠の一人名は英親、字は族父。通称、藤沢平右衛門。号は、黄雀、東甫、秋香庵、小蓑庵、菜翁。書家山本龍斎の子として生まれ、千住藤沢家の養子となる。秋香庵を構えて、俳諧集団「千住連」を率い、また、自ら「倭絵師」と称して書画もあらわし、夏目成美、鈴木道彦、小林一茶などをはじめ、全国各地の俳人たちと交流を持つ他、義兄亀田鵬斎、酒井抱一、大田南畝など当時の江戸を代表する文化人たちとも親交した。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊