短冊の小径

091 井上四朗

年よりの~

8,000円

年よりの~

年よりの多さよ木曽の夕涼

井上四朗 いのうえ しろう

1742(寛保2)年~1812(文化9)年

名古屋の俳人。号別は枇杷園、朱樹叟、松翁。初号は支朗。通称、正春。医の号は専庵。町医井上家の養子となり三代目を継ぐ。俳諧は十代後半に加藤暁台に師事する他、国学を本居宣長、絵画を勝野范古、平曲を荻野検校に学び、医者としても城下一の評判があった。俳諧では、夏目成美,鈴木道彦と共に寛政三大家のひとりとして重んじられた。編著に「枇杷園句集」「枇杷園句集後集」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊