短冊の小径

094 川路宜麦

はい打ちや~

12,000円

はい打ちや~

はい打ちや手にとれは亦蟰もなし

川路宜麦 かわじ ぎばく

1757(宝暦7)年~1828(文政11)年

幕臣。通称は弥三郎、平右衛門。別号は睡堂。大島蓼太の門人。師から老鶯巣の別号をゆずられたが、雪中庵を大島完来がついだのを不満とし、師の没後みずから雪門別派と称した。画にもすぐれる。編著に「絵歌仙」正、続、「浅川早引集」「花くらべ」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊