短冊の小径

098 小野蘭山

はつしくれ~

35,000円
お申込中

はつしくれ~

はつしくれ人のこ々ろをこお(?)らする

小野蘭山 おの らんざん

1729(享保14)年~1810(文化7)年

京都に生まれる。本草学者。本姓は佐伯氏、名は職博、通称は喜内、号を蘭山、朽匏子という。松岡恕庵について本草学を学び、学塾衆芳軒を開き本草学を講じた。71歳の時江戸に移り、幕府の医学館で本草学を講じた。また、幕命により1801年から4年間、採薬のため諸国を巡り、それらの成果を採薬記に纏める。著書の「本草綱目啓蒙」は、日本における最大の本草文献であり、後の博物学の発達にも大きな影響を与えた。また方言資料としても貴重である。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊