短冊の小径

112 市原多代女

鷺に宿~

鷺に宿~

鷺に宿かして涼しき柳かな

市原多代女 いちはら たよめ

1776(安永5)年-1865(慶応元)年

福島、須賀川の造り酒屋に生まれる。別号は晴霞庵。夫の死後、石井雨考に師事する。天保の千代女といわれた。四千あまりの作品を残し、九十歳で没。著に「浅香市集」「晴霞句集」。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊