短冊の小径

116 黒岩鷺白

河豚に~

河豚に~

河豚にしなぬ命をほこるさくらかな

黒岩鷺白くろいわ ろはく

1746(延享3)年-1824(文政7)年

群馬、草津の俳人。草津温泉宿主人。字は忠右衛門。別号に雪嶺庵。高桑闌更の門下。小林一茶と親交があった。著に「古今綾嚢」。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊