短冊の小径

118 成田蒼虬

山茶花を~

山茶花を~

山茶花を椿ときくも草枕

成田蒼虬なりた そうきゅう

1761(宝暦11)年-1842(天保13)年

加賀に生まれる。本名は久左衛門利定。通称、彦助。別号は槐庵、南無庵、対塔庵。もとは金沢藩士で馬術の達人。始め高桑闌更門の上田馬来に学び、京都に出て闌更に師事する。洛東山双林寺中に住み、芭蕉堂2世を継ぐ(晩年に千崖に譲る)。のちに南無庵と称し、全国をめぐりあるき、田川鳳朗、桜井梅室とともに天保の三宗匠と称された。句集に「蒼虬翁句集」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊