短冊の小径

119 伊藤(伊東)而后

かたひらや~

かたひらや~

かたひらや青葉のすけるかけ処

伊藤(伊東)而后いとう じこう

1785(天明5)年-1865(慶応元)年

尾張の俳人。名は栄。別号は暮雪亭。名古屋で味噌醤油商を営む。尾張の俳人、伊藤一清(銭屋喜兵衛)の父。著に、「俳諧の百韻」「あゆちの水」「而后発句集」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊