短冊の小径

122 辻嵐外

梅の木や~

梅の木や~

梅の木や分別のよき花のさく

辻嵐外つじ らんがい

1770(明和7)年-1845(弘化2)年

越前の生まれ。名は利三郎。通称は政輔。別号は六庵、北亭、南無庵、一鼠甥など。敦賀にて呉服商を営むが後に甲府に移り住む。俳句を高桑闌更、加藤暁台、五味可都里にまなぶ。甲府では俗世を離れ風流を愛し、自らも多くの門人をそだてた。著に「嵐外発句集」。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊