短冊の小径

123 村上浪六

七十四~

七十四~

七十四あと二十五年いそかしや

村上浪六むらかみ なみろく

1865(慶応元)年-1944(昭和19)年

小説家。大阪堺に生まれる。本名は信。別号はちぬの浦浪六。撥鬢小説とよばれる通俗小説を多数発表し、人気を博した。代表作に「三日月」「当世五人男」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊