短冊の小径

124 守村抱義

今日たけの~

今日たけの~

今日たけの氷はとけて春の水

守村抱義もりむら ほうぎ

1805(文化2)年-1862(文久2)年

江戸浅草の札差、俳人。名は約。通称は次郎兵衛。別号は鴎嶼、小青軒、真実庵。 鶯卿の兄。俳諧を成田蒼虬に、画を酒井抱一、詩文を中村仏庵にまなぶ。天保二十四詩家のひとりにかぞえられる。著に「うみみぬ旅」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊