短冊の小径

125 河村公成

よし野に登りける時

よし野に登りける時

尋ぬへき事はわすれて花の山

河村公成かわむら こうせい

1808(文化5)年-1868(慶応4)年

周防に生まれる。京都の人。名は百古、または軌。通称は藤右衛門。字は子文、号は失得斎、一事庵、錦波。京都に出、成田蒼虬にまなぶ。錦波長の門人。京都東山の双林寺に住み、芭蕉堂五世を継ぐ。南無庵六世とも称した。尊攘派にくみし、慶応4年に暗殺された。編著に「芭蕉堂三代発句集」。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊