短冊の小径

129 幸堂得知

いくら喰ふ~

7,000円

いくら喰ふ~

いくら喰ふ蛸突きに行船大工

幸堂得知こうどう とくち

1843(天保14)~1913(大正2)年

江戸に生まれる。本名は鈴木利平。別号は劇神仙。 根岸派の文人、作家、演劇評論家。 三井銀行に勤務する。新聞紙上に文章を載せるようになり、銀行を退社。東京朝日新聞社に入社し、小説を連載する。「歌舞伎新報」編集に携わる。戯曲「曾我の対面」小説「大通世界」など。

コンディションなど

紙本
僅かに小シミ有り

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊