短冊の小径

133 蝶夢

入日さす~

12,000円

入日さす~

入日さす長屋の窓や鳥かろし

蝶夢ちょうむ

1732(享保17)~1796(寛政7)

京都に生まれる。名は九蔵。別号は五升庵、泊庵、洛東。幼くして得度し、浄土宗阿弥陀寺帰白院の11世住職となる。俳諧において、はじめ望月宋屋に師事するが、後に美濃派の俳諧に連なる。京都俳壇の中心的存在となり、京都岡崎に五升庵を結び、芭蕉復興を志した。著に「芭蕉翁絵詞伝」、また「芭蕉翁発句集」「芭蕉翁文集」「芭蕉翁俳諧集」の三部作は芭蕉研究において貴重な資料となっている。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊