短冊の小径

135 高浜虚子

沈丁に~

御買い上げいただきました

沈丁に~

沈丁に箒障りて匂ひけり

高浜虚子たかはま きょし

1874(明治7)~1959(昭和34)

愛媛松山に生まれる。名は清。学友であった河東碧悟桐を介して正岡子規の知遇を得、師事する。「ホトトギス」を主宰。花鳥諷詠、客観写生の理念を持ち自らの文学作品に取り組む他、優れた作家を育成する。またいち早く女性俳人への道を開いた。芸術院会員。文化勲章受章。

コンディションなど

紙本
美品

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊