短冊の小径

139 水落露石

吏とか句よ~

8,000円

吏とか句よ~

吏とか句よ渋ぬき柿の淡ゝし

水落露石みずおち ろせき

1872(明治5)~1919(大正8)

大阪の裕福な商家に生まれる。幼名は義一。12才で家督をつぎ庄兵衛を襲名。別号は聴蛙亭。大阪商業学校を中退し、南岳に漢詩を学ぶ。俳句を20才頃から始め、正岡子規に師事する。中川四明らと京阪満月会を興し、大阪俳壇の先覚者と目された。子規、蕪村について造詣が深い。子規歿後は碧梧桐と親しく「海紅」同人となる。

コンディションなど

紙本
美品

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊