短冊の小径

140 中川四明

春風や~

お買い上げ頂きました

春風や~

春風や祇園清水孔雀茶屋

中川四明なかがわ しめい

1849(嘉永2)~1917(大正6)

京都に下田耕作の次男として生まれる。中川重興の養子となる。名は勇蔵・登代蔵、字は重麗、号は紫明、霞城。学校教員を経て日本新聞、京都中外電報、大阪朝日新聞に勤務する。明治29年に水落露石らと京阪満月会を興す。同37年に俳誌「懸葵」を刊行。編著に「俳諧美学」「触背美学」、句集に「四明句集」など。

コンディションなど

紙本
美品

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊