短冊の小径

141 沼波瓊音

もの叩く~

もの叩く~

もの叩く音のかなしき日永哉

沼波瓊音ぬなみ けいおん

1877(明治10)~1927(昭和2)

名古屋の医者の家に生まれる。本名、武夫。京帝大国文科卒。在学中に大野洒竹、佐々醒雪らのいる筑波会に参加する。明治44年に雑誌『俳味』を創刊し、主宰する。一時期、病気、信仰生活のために文筆を絶つが、その後、一高教授となり、俳諧史を講義する。日本精神研究のための団体、瑞穂会を創設する。著に「俳諧音調論」「囀」「俳論史」など。

コンディションなど

紙本
美品

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊