短冊の小径

143 角田竹冷

茶畑や~

5,000円

茶畑や~

茶畑や茶の花臭きに夕月夜

角田竹冷 つのだ ちくれい

1857(安政4)~1919(大正8)

静岡生まれ。本名角田真平。号は聴雨窓など。孤山堂凌頂の影響をうけ、明治28年に尾崎紅葉や巌谷小波らと秋声会を結成し、俳誌「秋の声」を刊行する(のち「卯杖」「木太刀」と改題した。)衆議院議員、東京株式取引所理事長など歴任。また、古俳書蒐集家としても知られ、のちに蔵書が竹冷文庫として東大に寄贈される。著に「聴雨窓俳話」など。

コンディションなど

紙本
美品

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊