短冊の小径

144 岡野知十

白菊の~

7,000円

白菊の~

白菊の六尺長し鶴の声

岡野知十 おかの ちじゅう

1860(安政7)~1932(昭和7)

北海道日高に生まれる。本名は敬胤、旧姓は木川、通称は正之助、別号は正味。「大阪毎日新聞」に「俳諧風聞記」を連載する。秋声会にはいったが脱会。「半面」を創刊し、新々派と称した。著に「雨華抱一」、「鶯日」、校訂に「也有全集」など。子にフランス文学者岡野馨。

コンディションなど

紙本
まずまず美品

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊