短冊の小径

146 初代三遊亭円朝

月の外~

御買上げ頂きました

月の外~

月の外ちり一もなし雪の上

初代三遊亭円朝 さんゆうてい えんちょう

1839(天保10)~1900(明治33)

東京湯島生まれ。音曲師橘屋円太郎(出淵長蔵)の次男。通称は出淵次郎吉。二代目三遊亭円生の門人で、16歳で真打ちとなる。俳句、和歌、書画、建築などに精通。また、山岡鉄舟、由利滴水の下に参禅し、居士号を授けられる。

コンディションなど

紙本
若干のヨゴレ

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊