短冊の小径

148 臼田亜浪

月涼し~

5,000円

月涼し~

月涼しうおどりぞめきの近まりぬ

臼田亜浪 うすだ あろう

1879(明治1210)~1951(昭和26)

長野小諸に生れる。本名は卯一郎。別号、石楠堂書屋人、北山南水楼。法政大学卒後新聞記者となる。1914年、信州で静養中に高浜虚子の勧めで俳句を志す。俳誌「石楠」を創刊すると、翌年には仕事を辞め、俳句に専念する。句集に「亜浪句鈔」。

コンディションなど

絹本
全体に若干のヤケ

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊