短冊の小径

164 村上鬼城

山の端を~

15,000円

山の端を~

山の端を吹流さるるいばり哉

村上鬼城 むらかみ きじょう

1865(慶応元)年-1938(昭和13)年

東京に生まれる。旧姓は小原。本名は荘太郎。難聴のため法律家を諦め群馬県高崎区裁判所の代書人となる。「ホトトギス」に投句して高浜虚子に推挙されたのを機に同人活動を始める。大正6年、大須賀乙字編「鬼城句集」により俳名をあげた。

コンディションなど

紙本
僅かにヨゴレ

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊