短冊の小径

171 松根東洋城

花野行くや~

12,000円

花野行くや~

花野行くや犬十町に我一町

松根東洋城 まつね とうようじょう

1878(明治11)年~1964(昭和39)

東京、築地に生まれる。本名は豊次郎。松根図書の孫。松山の愛媛県立尋常中学校時代には同校英語教師であった夏目漱石と出会う。京都帝国大学卒業後、宮内省式部官、会計審査官などを歴任する。夏目漱石との縁で正岡子規の句会に出るようになる。「ホトトギス」に投句。「国民新聞」俳壇選者となるが、後にそれらの関係を絶ち、式部官も辞して「渋柿」を創刊する。芸術院会員。著作に「俳諧道」「黛」など。

コンディションなど

紙本
良好 金霞砂子

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊