短冊の小径

177 鈴鹿野風呂

吉野川~

4,000円

吉野川~

吉野川八十瀬の隅に鮎掛ゝる

鈴鹿野風呂 すずか のぶろ

1887(明治20)年~1971(昭和46)

京都 吉田神社神官の家に生まれる。本名は登。京都大学国文学卒業。 「ホトトギス」に投句すると、これをきっかけに高浜虚子に俳句をまなびはじめる。のちには関西の「ホトトギス」の中軸を担うこととなる俳誌「京鹿子」を日野草城、岩田紫雲郎らと創刊する。句集に「浜木綿」など。

コンディションなど

紙本
全体に薄ヤケ

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊