短冊の小径

178 相島虚吼

新宅や~

10,000円

新宅や~

新宅や一重の筈が八重の梅

相島虚吼 あいじま きょこう

1867(慶応3)年~1935(昭和10)

茨城 筑波に生まれる。名は勘次郎。大阪毎日新聞社で編集主任、副主幹、顧問などを歴任の後、「昭和日日新聞」を創刊する。のちに衆議院議員に当選すると、憲政擁護、閥族打破に尽力する。正岡子規、高浜虚子に師事する。大阪満月会を興す。勲四等瑞宝章。句集に「虚吼句集」など。

コンディションなど

紙本
良好 砂子

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊