短冊の小径

180 小山内薫

売れ残る~

8,000円

売れ残る~

売れ残る今川焼きの夜寒かな

小山内薫 おさない かおる

1881(明治14)年~1928(昭和3)

広島県に生まれる。東京帝国大学英文科卒業。在学中に伊井蓉峰一座に出入りし、森鴎外の知遇を得、劇評や翻訳を手がける。雑誌「新思潮」発刊。二世市川左団次と自由劇場を結成。初演にはイプセンを取り上げ、新劇運動の火ぶたを切る。関東大震災により一時大阪に移ったが、東京に戻り築地小劇場を設立し、後進を指導。「新劇の父」とよばれた。日本初の本格的ラジオドラマ「炭坑の中」の翻訳、指揮をする。1927年(昭和2)ロシア革命10周年記念祭に招かれる。著書に「演出者の手記」など、戯曲に「第一の世界」、「息子」、小説には「大川端」などがある。放送劇の開拓者としても知られ、洋画家岡田三郎助の夫人で劇作家の岡田八千代は実妹、同じく藤田嗣治は従兄弟。

コンディションなど

紙本
良好 砂子

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊