短冊の小径

186 星野麦人

蛙子の~

4,000円

蛙子の~

蛙子乃動けい濁る日南かな

星野麦人 ほしの ばくじん

1877(明治10)年~1965(昭和40)

東京に生まれる。尾崎紅葉の教えをうけ、角田竹冷らの秋声会に参加する。明治34年「俳藪」を創刊し、同42年には秋声会機関誌「卯杖」を合併して「木太刀(きだち)」と改め、主宰する。俳諧史や古俳句研究で知られる。句集に「あぢさゐ」「草笛」、編著には「紅葉句帳」「蕉門十哲句集」など。

コンディションなど

紙本
僅かにヨゴレ。裏に星野麦人印あり。

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊