榊原紫峰
sakakibara shihou

榊原紫峰
榊原紫峰
榊原紫峰
作家名
榊原紫峰 さかきばら しほう
作品名
柿と栗図
作品詳細
掛け軸 絹本彩色 合箱
作品寸法23.7x26.9p
全体寸法68.4x148.3p
註釈
榊原紫峰、土田麦僊、小野竹喬、村上華岳ら京都の才気溢れる新進画家たちは文展の権威に対抗し国画創作協会を結成します。大正期の日本画は彼らを中心に強烈で濃密な傑作を次々に生み出しますが、この「柿と栗図」からも、その特徴である写実的な作風のなかに、この時代の持つ緊張した空気(気配)のようなものを感じることができるのではないでしょうか。