島木赤彦 Shimaki Akahiko

明治9年(1876)〜昭和元年(1926)

長野県諏訪郡上諏訪村角間(現在の諏訪市元町)に旧諏訪藩士塚原浅茅・母さいの四男として生まれる。本名、俊彦。別号、柿乃村人。明治31年(1898)、長野県尋常師範学校卒業。北安曇郡池田会染尋常高等小学校訓導となる。同年、諏訪郡下諏訪町の久保田政信の養嗣子となり政信の長女うたと結婚、久保田姓となる。教職の傍ら短歌を伊藤左千夫に師事し,短歌雑誌『アララギ』の同人として活躍。大正4年(1915)、斎藤茂吉に代わって『アララギ』編集兼発行人となる。

島木赤彦 天遠く
天遠く

画像をクリックしてください