与謝野晶子 Yosano Akiko

明治11年(1878)~昭和17年(1942)

大阪府堺市に菓子の老舗駿河屋の三女として生まれる。旧姓、鳳(ほう)、本名、志よう。 堺女学校(大阪府立泉陽高等学校)卒業。明治33年(1900)、与謝野鉄幹の東京新詩社に参加、『明星』に短歌を発表する。翌34年、鉄幹と恋愛関係となり上京。同年、『みだれ髪』を発表。歌人としての活動の他、『源氏物語』の現代語訳、小説、詩、評論など多方面に及んだ。また、婦人問題、教育問題などに積極的に発言し、女性論を巡って平塚らいてうと論争する。歌集に『小扇』『佐保姫』『青海波』『火の鳥』『流星の道』『心の遠景』など、評論に、『一隅より』『激動の中を行く』など。

与謝野晶子 梅花
梅花
与謝野晶子 和歌
和歌
与謝野晶子 白梅図
白梅図
与謝野晶子 和歌
和歌

画像をクリックしてください