児玉源太郎 Kodama Gentarou

嘉永5年(1852)〜明治39年(1906)

周防国都濃郡徳山村(山口県周南市)に徳山藩士児玉半九郎の長男として生まれる。号、藤園。戊辰戦争に参加したのち、陸軍へ入る。佐賀の乱、神風連の乱、西南戦争に従軍し、士族の反乱を鎮圧に活躍。その後、昇進を重ね、参謀本部第一局長、陸軍大学校校長、陸軍次官兼軍務局長を歴任、明治31年(1898)に第4代台湾総督に就任する。その間、第4次伊藤内閣の陸相、第1次桂内閣の内相などを兼任。明治37年(1904)、陸軍大将。明治39年(1906)陸軍参謀総長となり、大山厳満州軍総司令官を補佐し、日露戦争を勝利に導く。脳溢血により死去。明治日本陸軍きっての知将として知られる。

児玉源太郎 詩書 児玉源太郎 詩書2
詩書詩書

画像をクリックしてください