玄透即中 Gentou Sokuchu

享保14年(1729)〜文化4年(1807)

尾張の人。俗世、今井。別号、空華庵、断索道人。7歳の時、各方寺徳岩について出家。はじめ黙子素淵についたが、のちその弟子の頑極官慶の法を嗣ぐ。美濃善応寺、摂津仏眼寺、備中円通寺、武蔵竜穏寺に歴住。寛政7年(1795)、永平寺第50世となる。住山中諸堂を復興させ、月舟宗胡、卍山道白、面山瑞方に継承された古規復古の運動を受け継ぎ、道元時代の古規への復古を目指した。永平寺重興と称される。文化3年(1806)、永平寺を退隠。美濃善応寺の空華台において示寂。勅号「洞宗宏振禅師」を賜る。

玄透即中 達磨図
達磨図

画像をクリックしてください