日比野五鳳 Hibino Gohou

明治34年(1901)〜昭和60年(1985)

岐阜県安八郡神戸町大字中沢に生まれる。大正8年、大垣中学卒業後、中学時代の恩師、大野百練に師事し漢字書を学ぶ。昭和2年、独学にて仮名書を研究し、大正10年、文検合格(習字科)。昭和元年、京都精華高等女学校教諭就任。昭和23年、京都府立女子専門学校講師を退任し書家に専念。日本書芸院理事審査員となる。昭和26年、日展で特選。 毎日展審査員就任。昭和30年、日展出品作「かはづ」政府買上。昭和40年、39年度日展作「清水」日本芸術院賞受賞、日本芸術院買上。日展作「うぐひす」京都市美術館収蔵。昭和52年、日本芸術院会員。昭和58年、文化功労者。近代における仮名書の最高峰といわれる。

日比野五鳳 詩書
詩書
日比野五鳳 いにしへの
いにしへの
日比野五鳳 和歌一首 夕されば
和歌一首 夕されば
日比野五鳳 深山すずめ
深山すずめ
日比野五鳳 秋、ものへまかりける道にて
秋、ものへまかりける道にて
日比野五鳳 和歌一首
和歌一首
日比野五鳳 和歌一首 くに境
和歌一首 くに境
日比野五鳳 和歌 今さらに
和歌 今さらに
日比野五鳳 和歌 人はいさ
和歌 人はいさ
日比野五鳳 和歌メクリ及び書状
和歌メクリ及び書状

画像をクリックしてください