後西天皇 Gosai-Tennou (Emperor)

寛永14(1638)〜貞享2(1685)

第111代天皇。後水尾天皇の第8皇子。幼名、秀宮。諱、良仁(ながひと)。母は櫛笥隆致の娘隆子(逢春門院)。兄の後光明天皇の急死により即位し、次の霊元天皇までの中継ぎ役を担った。学問に秀で、優れた歌人として知られる。歌集『水日集』、『日記後西院御記』がある。

後西天皇 御宸翰
御宸翰

画像をクリックしてください