望月玉泉 Mochizuki Gyokusen

天保5年(1834)〜大正2年(1913)

京都に生まれる。本名、重岑。字、直一または主一。通称駿三。別号、玉渓。祖父玉仙、父、玉川に続く望月派を受け継ぐ画家。始め父玉川に学び、岸派と四条派を折衷した写実的な画風を持つ。明治11年、幸野楳嶺、久保田米僊、巨勢小石らと画学校設立に尽力し、京都府画学校開設にあたり教授となる。明治37年、帝室技芸員。明治京都画壇の重鎮。

望月玉泉
七夕之図

画像をクリックしてください