川端玉章 Kawabata Gyokushou

天保13年(1842)〜大正2年(1913)

京都に生まれる。父は蒔絵師川端兵衛。本名、滝之助。別号、敬亭、璋翁。初め父に蒔絵を学ぶ。嘉永5年、円山派の中島来章に入門、また小田海僊に画論を学ぶ。慶応2年、上京し版下絵や新聞付録画の作成に従事。一時、高橋由一に油絵も習う。明治11年、画塾天真堂を開く。明治15年、17年、内国絵画共進会で銅印受賞。明治23年、28年、内国勧業博覧会で妙技二等賞受賞。明治21年、東京美術学校設立に円山四条派教師として招かれ、翌23年、同学教授となる。文展審査員。帝室技芸員。川端画学校校長。日本画家。

川端玉章 春秋山水図 双幅
春秋山水図 双幅
川端玉章 月下閑居之図
月下閑居之図

画像をクリックしてください