梶田半古 Kajita Hanko

明治3年〈1870)〜大正6年(1917)

東京下谷御徒町で生まれる。父は、彫金家梶田政晴。本名、錠次郎。初号、英洲。浮世絵師鍋田玉英、南画家石井鼎湖、四条派画家鈴木華邨に学ぶ。明治24年(1891)、日本青年絵画協会の結成に参加。明治31年、日本美術院が創立され、特別賛助会員となる。浪漫的な写実表現で、独自な画風を打ち立てた。門下に、小林古径、前田青邨、奥村土牛ら次代の巨匠がいる。

梶田半古 雪中双鴨
雪中双鴨

画像をクリックしてください