福田平八郎 Fukuda Heihashirou

明治25年(1892)〜昭和49年(1974)

大分市に生まれる。大正7年(1918)、京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)を卒業。翌年、第1回帝展で「雪」が初入選。昭和5年(1930)、山口蓬春、中村岳陵、木村荘八、牧野虎雄、中川紀元、美術評論の外狩素心庵、横川毅一郎と「六潮会」を結成。昭和11年(1936)、京都市立絵画専門学校教授。昭和36年(1961)、文化勲章受章。同年、大分市第1号名誉市民となる。初期の代表作に《牡丹》(1924)、簡略化された画面構成のなかに斬新でモダンな写実表現を追求した《雨》(1953)、《漣》(1932)など。

福田平八郎 桐雀
桐雀

画像をクリックしてください