堂本尚郎 Domoto Hisao(Doumoto Hisao)

昭和3年(1928)〜

京都市に生まれる。堂本印象の甥。昭和24年、京都市立美術専門学校日本画科卒業。昭和26年、日展特選。昭和27年、堂本印象に随行し渡欧。昭和30年、渡仏。油彩に転向しアンフォルメル運動に参加する。昭和32年、アンフォルメル運動の拠点、スタドラー画廊(パリ)で初個展。昭和34年、マーサ・ジャクソン画廊(ニューヨーク)で個展。昭和35年、南画廊(東京)で日本での初個展。昭和36年、第6回サンパウロ・ビエンナーレに出品。昭和39年、第32回ヴェネツィア・ビエンナーレでアルチュール・レイワ賞。昭和42年、帰国。翌年、世田谷区深沢に住居・アトリエを新築。昭和54年、パリ市立近代美術館で回顧展(1956-79)開催。昭和60年、オックスフォード近代美術館の「日本の前衛美術 1945-1965」展に出品。昭和61年、ポンピドゥ・センターの「前衛芸術の日本 1910-70」展に出品。平成12年、仏政府から芸術文学文化勲章オフィシエールを受章。平成18年、文化功労者。戦後日本を代表する抽象画家。

堂本尚郎 連鎖反応
連鎖反応

画像をクリックしてください