菊池芳文 kikuchi houbun

文久2年(1862)〜大正7年(1918)

大阪に生まれる。名、恒次朗。字、広紀。旧姓、三原。のち菊池家の養子となる。明治14年、京都に出て、幸野楳嶺に入門。明治36年、内国勧業博覧会で二等受賞。文展審査員。明治期を代表する京都画壇の重鎮。

菊池芳文 葛花小禽
葛花小禽
菊池芳文 雨中百合図
雨中百合図
菊池芳文 青楓香魚
青楓香魚
菊池芳文 桜花小禽
桜花小禽

画像をクリックしてください