嘉納治五郎 Kanou Jigorou

1860(万延元)〜1938(昭和13)

講道館柔道の創始者、教育者。神戸の酒造業を営む家に生まれる。10歳の時、父と上京する。柔術の修行を積み、諸流を集大成させ近代柔道を創始。東京大学卒業翌年に講道館を設立する。学習院教授、第一高等中学校長、東京高等師範学校長などを歴任。また、訪欧米を重ね、柔道を世界のスポーツにする基盤を作った。日本における初代IOC(国際オリンピック委員会)委員。肺炎のためにIOCカイロ会議からの帰国途中、船中にて没。

嘉納治五郎 力必達
力必達
嘉納治五郎 中正而無私
中正而無私
嘉納治五郎 精力善用
精力善用
嘉納治五郎 詩書
詩書
嘉納治五郎
至誠通天

画像をクリックしてください